スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょいと遅いが花見

 今日は、例年やっている花見会で花見をしてきた。
実は土曜日の予定だったのだが、おととい雪が降ったためどうにか都合がつく4名での開催となった。GIL氏が来れなかったのは残念である。

 小学生からの友人である魚の夢の専門学校の友人(たぶん)の集まりにネトゲで知り合った私が合流する形で出来ているこの名状しがたい「会」は花見やイベント(WFなど)、忘年会でオフ会をしている。もちろん、ネトゲで合流することも(最近はネトゲもやってないが)ある。
 そんなこんなで、昨日の陽気で8割方散ってしまった花を見つつ(おかげで花見は我々だけであった)飲み食いしながら四方山話をしていたわけである。

そして、折角なのでねんぷちりっちゃんと撮影してきました。
りっちゃんと花見2
りっちゃんと花見1
りっちゃんと花見3
スポンサーサイト

模型をカメラで撮影するときに

 なんか上手く撮れないなーと思ってました。模型。デジカメの性能の限界なのか、とも思ったりしましたが、コンパクトデジカメでもちょっとしたコツで良い感じの絵が撮れるコツがあるようです。

その1:マクロ機能でとりませう。
 最低限、マクロ機能を持つカメラで撮らないとピントが合わなくて難儀するかと思われます。道具は用途を考えて買おうね!

その2:三脚、三脚をつかう。
 手はぶれます。静物を撮るときはプロも三脚を使います。三脚買うお金ないよーって人は本とかを積み上げてもOK。あと、特に効果を狙っているのでなければ、なるべく対象と平行な位置にすると良い感じです。

その3:大きく撮りたいときは、ズームしよう。
 マクロ機能でカメラ自体を接近させても大きく写りますが(カメラの性能にもよる)、接写をすると、中心が大きく写るような構造になっていますので、そういう効果を狙わない場合は、まずズームしませう。そのあとカメラを前後させて枠を決めるとよいかと。ただし、デジタルズーム機能は切っておいたほうが吉。
詳しくは→fgのコチラのギャラリーが詳しいです。

その4:背景(紙)にも気をつけよう
 背景に色々写っていて「どこからつっこんだらいいのか解らない」カオスな写真、ネタとしてはそれもいいでしょう。しかし、ちゃんと作品(等)を見せたい場合は、コピー用紙とかテーブルクロスとかでも背景をつくって他の情報を締め出したほうがよいです。
 そのとき背景が白い場合、カメラが「明るい場所」であると勘違いして、シャッタースピードが速くなってしまい、画が暗くなってしまう事がありますので(前2つのブログがソレ^^;)”露出補正”機能を使いましょう。+の方向に設定すると、シャッタースピードが遅くなって、画が明るくなりますよ。だけども、シャッタースピードが遅くなるという事は、手ブレの影響を受けやすくなる。という事でもあるので、「その2」が大事なんですね。

↓というわけで”露出補正”を+2コマした写真です。明るくなりましたね。
ぎゅってしたな!やよいスク水25

 
プロフィール

雨月いさき

Author:雨月いさき
思い付きで色々作り始めるが完成しない病のため、中々完成しないダメモデラー。絶賛リハビリ中。
読書も好きなのですが、最近は専らニコニコ動画で満足してる今日この頃。
RPG暦も長い(長いだけとも言う)でござるよ。
気が向いたときだけ更新しますが、よろしくおねがいします。

俺がキャベツだ!

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ひっそり。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。